飲む日焼け止め 妊娠中

MENU

飲む日焼け止め 妊娠中

最近特に注目を浴びてきた飲む日焼け止め。
紫外線予防は一年中必要なことであり、塗る日焼け止めの効果を補完するためにも絶えず飲み続けたいものなのですが、妊娠中にも飲んで良いものなのでしょうか?

 

女性は、通常、妊娠すると胎児への影響を考慮して薬品類は一切不可となりますよね。
飲む日焼け止めについて、その取扱いはどうなのか?・・・といったことについて整理しておきたいと思います。

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

妊娠中のサプリメント服用について

私たち女性は、妊娠すると薬に関しては、すべて産婦人科でなされる指示を厳守しますよね。

 

例えば、市販薬は妊婦や授乳中の女性で臨床実験が行われていない為、母体や胎児への影響が確認し切れていないので、服用を中止するように言われます。
便秘薬一つをとっても、医師の指示を仰ぎ、酸化マグネシウムなど医師によって処方されたものしか飲みません。

 

つまり、薬品に関しては、医師が処方したもの以外は一切NGということです。

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

 

しかし、サプリメントに関していえば、医薬品ではなく健康食品や栄養補助食品の部類に入るため、一応医師に確認はするものの、禁止まではなされません。

 

とはいえ、実際のところは、そのサプリメント次第。
そこに配合されている成分いはグレーゾーンに位置するものも含まれているため、厳密に言うとあまりよろしくないものもあるわけです( 一一)

 

 

これは飲む日焼け止めについても同様のことが言え、サプリの品質もメーカーによって様々ですし、そこに配合されている成分には違いがあるため、結局は「そのサプリ次第」なのです。

 

 

故に、「飲む日焼け止め」として販売されている個々についてみていきましょう。

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

「ヘリオケア」の場合

湘南美容外科など多くの美容クリニックや皮膚科で取り扱いがなされている「ヘリオケア」の場合、主成分はシダ植物から抽出されるシダエキスです。

 

このシダ植物は、中央アメリカとヨーロッパにおいて、アトピー性皮膚炎、乾癬および白斑の患者に25年以上も前から伝統的に使用されており、いずれにおいても副作用は認められていないようです。

 

「4才から服用が可能」とされていることからも安全性は高いといえますね(*^-^*)

 

 

しかし、毒性がなければOK・・・とはいかないのが妊娠中です。
有効成分は安全だとしても添加物が多く使われている可能性もありますし、さまざまな成分が入っていれば、相互作用によってどのような症状が出るかもわかりません。

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

まして、成人での安全は確認できていても、胎児への影響が確認されていない場合がほとんどですので、妊娠中はやめておいた方が無難・・・ということになりますね。

 

その他「ニュートロックスサン」配合の飲む日焼け止めについて

一方、国内で開発され人気急上昇中の「ニュートロックスサン」配合の飲む日焼け止めについてはいかがでしょうか?
「ホワイトヴェール」や「雪肌ドロップ」などですね。

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

これらもシトラス果実やハーブといった天然オーガニック素材が使用されたサプリのため、一見問題なさそうに思われますよね。

 

 

しかし、これらのサプリについては、配合成分に子宮を刺激する作用が認められているローズマリーが使用されているため、やはり妊娠中の服用は控えた方がよいとされています。

 

成分の毒性の有無だけでは判断できないものがあるということですね。。。

 

妊娠中の紫外線対策はサプリでは無理?

では、妊娠中の紫外線対策は、飲む日焼け止めではできないということでしょうか?

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

いえいえ、実はそうでもないのです(*^-^*)
先にご紹介した飲む日焼け止めは、天然ポリフェノールの抗酸化作用によってメラニンの生成や活性酸素の発生を抑えるものです。

 

ということは、要は、妊婦さんにとって、また胎児にとって害とならない抗酸化成分であれば、インナーケアとしての紫外線対策はバッチリ!ということなのです。

 

その抗酸化成分といえば、水素です。

 

水素は、ビタミンCの176倍、ビタミンEに至っては431倍もの抗酸化力を誇る成分。

 

しかも、水素は抗酸化力が高いだけではなく、宇宙一分子量が小さいことから、脳や毛細血管といった他の抗酸化成分では入り込めないような隅々にまで行きわたることができるのです(^^)v

 

飲む日焼け止め 妊娠中

 

 

さらに、水素の抗酸化作用は、身体の免疫システムの一部として働く善玉活性酸素には及ばず、悪玉活性酸素のみを除去するというメリットまであります。
過剰に取りすぎることで心配される副作用も一切ないことから、妊婦さんでも安心のサプリといわれているんですね(*^-^*)

 

そして、水素は妊婦さんに対して、つわりの軽減や妊娠中毒症の予防効果も確認されているほか、胎児の脳障害を予防する効果もあるといわれており、むしろ積極的に摂取した方がよいと考えられている数少ないサプリなのです。

 

妊娠中の抗酸化成分としてこの上ないものに違いありませんので、妊娠中の飲む日焼け止めとしては、ぜひ水素サプリを摂取するようにしてくださいね(*^-^*)

 

これは授乳中でも同じことが言えます。

 

 

通常の飲む日焼け止めの摂取は、授乳が終わってホルモンバランスが落ち着いてから・・・というのを基本スタンスとして覚えておきましょう( `ー´)ノ

 

◎水素サプリのメリット

  1. 活性酸素を除去する抗酸化作用が高い
  2. 宇宙一分子が小さいため能や目など全身に行き渡ることができる
  3. 善玉活性酸素はそのままに悪玉活性酸素にのみ作用する
  4. 他の抗酸化成分と違って副作用が一切ない
  5. 妊娠中毒症や胎児の脳障害を予防する効果が期待できる