飲む日焼け止め 副作用

MENU

飲む日焼け止め 副作用

ここ最近、人気急上昇の飲む日焼け止め。
これまでUV対策の大部分を依存してきた塗る日焼け止めクリームについて、次のような点で補うことができるため、そのメリットは効果が大きいと評判になっています。

 

飲む日焼け止め 副作用

 

  • 日焼け止めクリームの成分による肌への負担を減らすことができる
  • 外出先でやりにくい日焼け止めクリームの塗り直しが不要
  • 髪や目など日焼け止めクリームがぬれない場所のUV対策ができる
  • 日焼け止めクリームをぬったときのニオイや閉塞感を感じずに済む
  • 日焼け止めクリームをぬるのが苦手な男性や子供のUV対策に最適

 

そして、飲む日焼け止めの人気とともに、販売される商品数も数が多くなってきました。

 

しかし、これらに副作用はないのでしょうか?

 

現在人気の主な「飲む日焼け止め」サプリについて、まとめてみました!

 

飲む日焼け止め 副作用

 

ヘリオケア 副作用

日本でも湘南美容外科をはじめとする多くの皮膚科や美容クリニックで販売されている「ヘリオケア ウルトラD」は、知名度では国内ナンバーワンの飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止め 副作用

 

主成分は、シダ植物の一種から抽出されるエキス「FernBlock」。
その他、リコピン、ルティン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、βカロテンなどが含まれています。

 

 

これらはすべて植物由来の成分であり、妊娠中の方の服用は制限されているとはいえ、4才の子供から服用が許可されているサプリメントです。

 

海外では、紫外線量の多い地域の子供たちは大人と同じように、飲む日焼け止めを服用して紫外線対策を行なっているわけですね。

 

 

故に、特に心配されるような副作用は今のところ報告されていません。

 

海外製のサプリゆえにカプセルがほんの少し大きく、飲みにくさがある点と、コスパがあまりよくない点がデメリットと考えられている程度ですね(^^;)

 

noUV(ノーブ) 副作用

ヘリオケアと並んで著名な飲む日焼け止め「noUV(ノーブ)」は、大手の美容整形外科「イセアクリニック」監修のもとで作られた国産サプリです。

 

飲む日焼け止め 副作用

 

こちらもヘリオケア同様、主成分は「ポリポディウム リュウコトモス」というシダ植物のエキス。

 

また、こちらに詳しく記載してある通り、ビタミンEをはじめ、リコピン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンC、マリーゴールド抽出物、ビタミンB12、ビタミンDなどが配合されています。

 

副作用についても、特に心配されるようなものはないですね(*^-^*)

 

ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めサプリ 副作用

では、最近話題の新成分「ニュートロックスサン」配合のサプリについてはいかがでしょうか?

 

飲む日焼け止め 副作用

 

ニュートロックスサンというのは、天然ポリフェノールの一種で、日差しの強い地中海産のシトラス果実とローズマリーから抽出された成分。

 

こちらもシダ植物と同様、強い抗酸化力を持つ植物由来成分のため、安心安全な成分ということができますね。

 

 

しかも、「ホワイトヴェール」や「雪肌ドロップ」「P.O.L.C.(ポルク)」などのニュートロックスサン配合の飲むに焼け止めに配合されているその他の成分についても、毒性などは認められておりません。

 

ザクロエキス・・・アントシアニンとエラグ酸が豊富。

 

メロンプラセンタ・・・18種類ものアミノ酸から成る植物性プラセンタ。美白効果もあり。

 

ルティン・・・天然のサングラス成分として目を保護。

 

クロセチン・・・カロテノイドたっぷりの成分であり、肌のトーンアップに効果的。

 

トマトパウダー・・・肌に透明感をもたらすリコピンが豊富。

飲む日焼け止め 副作用

 

上記の成分全てに副作用が心配されるようなものは含まれませんので、つまりは、いずれの飲む日焼け止めも副作用の心配はないということです。

 

 

となれば、いずれのサプリメントでUV対策を完ぺきに行なうかは、飲み安さやコスパの問題となってきます。
そして、配合量。

 

 

おすすめの飲む日焼け止めについては、飲む日焼け止め ランキングで詳しくご紹介させて頂いていますので、ぜひそちらをご参照ください(*^-^*)