飲む日焼け止め 危険

MENU

飲む日焼け止め 危険

ここ最近、特に注目を集めている「飲む日焼け止め」。

 

肌に届く紫外線がだんだん厳しくなり、今では夏場だけではなく年中、そして天気にかかわらず毎日紫外線対策をしなければいけなくなっている・・・という状況にあって、塗る日焼け止めを補完するためにもその重要度がますます強くなっています。

 

 

しかし、それらのサプリには危険な点はないのでしょうか?
「飲む日焼け止め」として人気の高い売れ筋サプリについて、使用する際の注意点や副作用をチェックしておきましょう( `ー´)ノ

 

飲む日焼け止め 海外サプリ

まず、これまでのところ最も知名度のある「飲む日焼け止め」といえば、多くの美容クリニックで販売されている「ヘリオケア ウルトラD」ですね。

 


 

配合成分は大丈夫?

このサプリは、以前NHKの情報番組「あさイチ」で紹介されたときに話題になったのでいろいろ調べたのですが、「Fernblock」というシダ植物から抽出した成分を主成分としており、「天然成分サプリで安全」との評判が広がっています。

 

 

副作用の実例も特に報告されていないということなので、「じゃあ安全なんだ」と思いたいところですが、実は海外製のサプリって、日本では認可されていない成分が含まれていたり、配合量が多かったりして、海外の人には合うけれど、日本人には体質的にちょっと合わない(効きすぎる)場合が多々あるようです(>_<)

 

飲む日焼け止め 危険

 

いい例がダイエットサプリですね(^^;)
海外製のダイエットサプリはものすごく強い成分が使われていたりするので、非常に効果が高いものがありますが、その代り日本人の身体には効きすぎてしまって体調を悪くする・・・ということも珍しくないのです(゚д゚)!

 

しかも「ヘリオケア」の場合は、ある美容皮膚科医によると、紫外線吸収剤として塗る日焼け止めに使用されることの多い「二酸化チタン」という成分が配合されていることに疑問を感じるとか・・・

 

もしかしたら、「天然成分だから」という理由で手放しに安心するわけにはいかないかも知れませんね(^^;)

 

※「ヘリオケア ウルトラD」の全成分等詳しい情報については、こちらにも記載していますので、ご参考になさってください。

 

その意味では、日本国内で製造された製品の方が安心感が高いといえます。
日本人の体に合うように作られたサプリですから(#^.^#)

 

 

故に、当サイトでは、抗酸化作用を持つ新成分「ニュートロックスサン」配合の「ホワイトヴェール」をおすすめしたいと思います!

 

>>>ホワイトヴェール

 

◎ニュートロックスサンとは?
活性酸素対策の救世主として強力な抗酸化作用が注目されている「ニュートロックスサン」は、地中海産のシトラス果実とローズマリーから抽出された天然ポリフェノールの一種

 

飲む日焼け止め 危険

 

光老化の原因となる活性酸素を除去する効果が高いほか、肌の炎症を抑える効果も併せ持っている成分ですね。

 

 

太陽が燦々と降り注がれる地中海には、強力な抗酸化作用を持つ「ピクノジェノール」が抽出される沿岸松のような植物が生息しています。
まさに紫外線対策の本場ともいえる地域なのです。

 

飲む日焼けども効果を過信していませんか?

しかし、それよりも危険なのは、「飲む日焼け止めを1回飲めば、その日のに焼けは大丈夫!」と過信してしまうところにあるといわれています。

 

特に「ヘリオケア」に関しては、太陽を浴びる30分前に飲むと効果的といわれていますが、長時間紫外線を浴びる時などは、4時間後にまた1粒飲まなければ効果は持続できません

 

飲む日焼け止め 危険

 

それを1回飲めばOK!とばかりにずっと日差しの下で過ごし、しかも日焼け止めクリームをぬることもしなければ、UVAもUVBも防げるものではありませんね(>_<)
どちらも上手に活用してこその完璧な紫外線対策となります。

 

このあたり、特に注意したいところですね。

 

 

そして、効果の持続時間で言うなら、先にご紹介した「ホワイトヴェール」の方が上です。

 

飲む日焼け止め 危険

 

1日1回飲むだけで紫外線の60%がカット!
これは臨床実験からも明らかになっていますね。

 

 

故に、長時間紫外線を浴びる場合に塗る日焼け止めで補完すれば、全身のUV対策は万全!
クリームの塗り直しや塗り忘れに神経質にならずに済むということなのです(^^)v

 

 

飲む日焼け止め